カテゴリ:和歌山( 4 )


2006年 09月 27日

落陽紀行・・・4

ダイバーの他に目に付いたのは釣りの方々だった。

ここは三段壁や千畳敷がある所から
ちょうど半島の反対側にある白浜港。
白浜は狭い範囲にぎゅっと凝縮した感じで撮影スポットがあるので
車があれば撮影には非常に便利な場所だと思った。
もちろん撮影スポットというのは
自分のイメージを重ね合わせることが出来る場所という意味で
景勝地だけを指しているのではありません。

f0055513_18211131.jpg


f0055513_18212462.jpg


f0055513_18213787.jpg

[PR]

by kumasann2011 | 2006-09-27 18:22 | 和歌山
2006年 09月 26日

落陽紀行・・・3

この日の白浜は祝日の土曜日にも係わらず
景勝地にも人影は疎らだった。
其れもそうだろう
白浜といえば海水浴がメインで
そのシーズンが終われば観光客もぐっと少なくなって当然だ。
海水浴客に代わりこの日多く目にしたのがダイバーの方々だった。
それもスクールに来ている初心者コースという感じがした。

f0055513_16522730.jpg


f0055513_16523735.jpg

[PR]

by kumasann2011 | 2006-09-26 16:54 | 和歌山
2006年 09月 25日

落陽紀行・・・2

私は午前8時2分発のオーシャンアローにて
30年ぶりの白浜に向かった。
和歌山南部の天気予報は曇りだったが
午前10時9分白浜着時点の天気は快晴だった。
しかし三段壁・千畳敷・円月島と移動するにしたがって雲が量を増しつつあった。

白浜は私の過去の記憶と大差が無かった。
否 夏のシーズンが終わったリゾート地の寂しさと
発展にとり残された観光地の侘しさがあった。

1.三段壁・釣り人
f0055513_1711876.jpg


2.三段壁・自殺予防
f0055513_17111970.jpg


3.千畳敷・波しぶき
f0055513_17112944.jpg


4.千畳敷・親子
f0055513_17113912.jpg


5.円月島・グラスボート
f0055513_17114917.jpg


6.円月島・夕陽を見る人々
f0055513_1712144.jpg



せやけど ほんま下手やなぁ~ なんとかならんかぁ~ 絵葉書にもならんで byニャンコ師匠
[PR]

by kumasann2011 | 2006-09-25 17:15 | 和歌山
2006年 09月 24日

落陽紀行・・・1

f0055513_15515163.jpg


台風14号が遥か東海上を日本から遠ざかって行き
厚い雲に覆われていた空に青空が覗き始めた午後4時ごろ
私たちは夕陽が望めるかもしれないと淡い期待をかけて
円月島の夕陽スポットへと向かった。

頭上の空は相変わらず雲に覆われていたが
西空に雲は少なく陽が顔を見せ始めた。
陽は下がるに従って姿を露にし
路上に車を止めて夕陽のショーを見るために
多くの人たちが集まり始めた。

いよいよショーはクライマックスを向かえ
円月島の中心に夕陽がすっぽりと納まる瞬間を
今か今かと待ち構えたが・・・

ありがとう
[PR]

by kumasann2011 | 2006-09-24 15:53 | 和歌山